blog201207_02-thumb-340x233-40791

ビジネス成功の3種の神器

「ビジネス成功の3種の神器」

量・継続・スピードです。

 

量は単にどれだけやったか、という話。
例えば、転売ならどれだけ利益の取れる商品をリサーチできたか、
投資なら、どれだけ取引を練習したか、改善したか。

 

僕の場合、
「周りの人が遊んでいる時にやる」を大事にしています。

 

少し余談ですが、
できない理由を考えるのではなくて、
できる理由を考えることもすごく重要です。

結局、自己責任の意識を持つということですが、
人のせいにするのは簡単で、一種の思考停止状態に陥っていると思います。

 

例えば、
野球で有名なイチローさんですが、
世界的にも凄い記録を達成されました。

 

そんなイチローさんが、
「あっ、この球速すぎて打てない。あいつは仕方ない。」
なんて考えて、取り組んでいたら、今の結果は無かったと思います。

 

打てない球が来たり、三振することもありますが、
「なぜ打てなかったのか?」「打つためにはどうしたら良いのか?」
を考え抜いているからこそ、大きな結果に結びついているのだと思います。

 

ビジネス、投資、副業でも全く同じことで、
まず諦めないこと。なぜ自分はお金が稼げないのか。
どうしたらお金が稼げるのかを必死に考える習慣をつけるべきです。

 

諦めることや稼げない理由を人のせいにすることはいつでもできます。

 

一人一人、置かれている立場は違えど、やれることはあるはずです。

10代でも、学生でも、会社員でも、年配の方でも、借金がある人でも、、、

できることは少なからずあります。

 

スタート位置は人によって異なりますが、スタートをしないと、何も始まらないです。

 

 

続いて、
継続はかなり難しいです。

 

例えば、僕の場合、youtubeに動画をアップして3年目。
毎日アップし続けて、4か月になるのですが、そこまでやれば、結果は大きく変わってくるものです。

 

ただ、皆さん、そこまでできますか?

 

僕は、誰でも頑張る時期ってあると思いますし、
そうゆう時に全力出せない人が成功できるとは思えないです。

 

できるかどうか不安な部分はあるかもしれないですが、
やってみるしか道はないです。

正直、継続できない人が多すぎるので、
逆にチャンスと思って続けることをお勧めします。

 

昔、億万長者の方に、
「年収1億達成したいという人が100人いても、結局は1人しかなれない。
どれだけやったかも大事だが、他の人が諦める中、最後まで立ち続けられる人が1億稼いでいる」
に言われたことがありました。

 

これまで僕も2000人以上の方にビジネスや投資を教えてきて、
身をもって感じています。

 

 

最後、
スピード感は非常に大事です。

すぐできるのか?ということですが、ほとんどの人が即行動なんてできないです。

新しいことにチャレンジする時、知らない世界に飛び込む時って怖いものだと思います。

 

でも、
今、自分でお金を稼ぐことが大事だと気づいている人は、これから一生同じことを感じると思うんです。

 

例えば、
旅行の時、食事の時、
あと少しお金があれば、ビジネスクラスで行けるのに。
会社に勤めていなければ、旅行も長く行けるのに。
10万円でも月の収入が増えたら、高い焼肉食べれるのに。とか。

 

自分が不自由だと感じるところ全てに紐付けてしまう状態が続くと思います。

 

そうやって、時間を無駄にするなら、
怖さを受け入れて進んでみるしか解決しないです。

 

僕だって、ビジネスをスタートしたのは、22歳の時。
もう3年前になります。

 

その時は、ビジネスを学ぶとか、
そんな概念なかったですし、騙されるんじゃないか。

と疑う自分がいました。

 

でも、
正直やってみるしか、わからないですよ。

 

いろいろなことを経験して、
成功体験や失敗体験を繰り返して、
いい意味で慣れるってことも大事だと思います。

 

そのためには、
ある程度の見切り発車は必要なんじゃないかと思います。

 

以上、
ビジネスで成果を出すための3種の神器でした。

文章では伝わらないことが多いかもしれないですが、
少しでも当てはまる部分がある人はきっかけになればと思います。

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP