photo-256887_640

最後に、最も多く抱く後悔…人生を最高に謳歌する方法

「もし、人生をやり直せるとしたら?…」 

この問いに、何と答えますか?

人生には、後悔はつきものです。

「もし、20代に戻れたら、勇気を出して○○に挑戦していただろう…」

こう考える人も、少なくないでしょう。

しかし、この「勇気を出して○○しておけばよかった」という後悔ですが、

何と、【死ぬ間際に、人が最も思う後悔】だそうです。

このデータから、学ぶべきポイントが、2つあります。

1つは、【人は「やった後悔より、やらなかった後悔」の方が圧倒的に印象深く残る】ということ。

 

人は、挑戦して失敗するより、挑戦せず失敗しない方が、後悔が大きいのです。

では、このわかりきった原則があるのに、なぜ人は、【挑戦】しないのか?

答えは、「小条件が邪魔をして、阻んでいるから」です。

 

「家族がいる」「子供がいる」「お金がない」「才能がない」「人脈がない」「年齢がもう若くない」…

こうした条件が邪魔します。

 

また、「恥ずかしい」「怖い」「憎い」といった負の感情も、邪魔をします。

2つは、【「今から」でも、挑戦できる】ということ。

 

人生を、諦めている人が、思ったより多いです。

かの有名な「ジャパネット高田」の高田社長。

 

40歳まではサラリーマンです。45歳で、テレビショッピングの世界に入ったといいます。

高田社長は言います。

「人生に、遅いは全く無い。だれでも、「今から」始められます。夢は、追い続けるものです。」

 

悩んだり、迷ったりしても、何も変わりません。行動したその瞬間から、動き始めます。

断言します。あなたが、いま「いつか○○したい」と思っていることは、死ぬまでやらないです。

 

そして、死ぬ間際に、必ず「○○しておけば、良かった」と言って、この世を去ります。

もしあなたが、人生を最高に生きたいのであれば、

「自分の人生に、賭けてみないか。」

 

これは、世界的に有名な経営コンサルタント、ジェームス・スキナーの言葉です。

 

「もし、人生をやり直せるとしたら…」

 

この問いは、【今の自分】に、向けて、今から変わるしか無いです。

ぜひ、今できることを、考えてみてください。

 

そして、今から動き出して、後悔のない人生を歩んでほしいです^^

 

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP