外は冷えますが、アツいモノがある!

タイトル(上)の写真は、六本木のイルミネーションです。
もうクリスマスが近い時期になりました。

外は冷えますが、僕たちは熱気にあふれています笑

それは、
僕が主催するビジネスと投資を教えるコミュニティの活動です!

毎月一回全国から勉強会に50~100名の方が参加されます^^

朝10時から僕や講師からの講義形式の授業が3時間。

その後、
ランチをみんなで食べた後、
午後からは5人程度のグループに分かれ、指導をしていきます。
それも4時間近くやります。

転売・投資・ビジネス講座・マインドなどコミュニティでは専門的に教えていますので、この日はみっちり学びの場としてます。

そして、締めくくりは、懇親会です。

東京(麻布十番)や大阪(新大阪)にはコミュニティの事務所がありますが、
遠方の方で普段会えない方、交流できない仲間とも顔を合わせてワイワイとざっくばらんに話をすることができます。

入塾後3か月にして月収100万円達成した塾生、
元々転売で月商300万円以上稼いでいる同じく塾生の男性、

中には、
「夫に隠れて、お金を稼ぎたい、、、」なんていう主婦の方や女性の方も最近かなり多いです。

今年31歳で年間10億円を稼ぐ経営者の方々にも来ていただき、塾生の方へ価値観の変化を与えています。

こんな人たちが、

「どうゆう人なのか」

「どんなことを考えて行動しているのか」

気になりませんか?

結局のところ「環境」を変えることが成功への近道なのですが、
環境の変え方がわからない方が多いです。

「どうやって、ビジネスや投資をしている仲間を見つければいいの?」

という悩みです。

それは、
会社員の方なら、同じ会社の方。
学生なら、友人同士。
それ以外のつながりがある人の方が圧倒的に少ないから仕方ないです。

いたとしても、趣味関係の人程度ですが、
この問題の解決策は、その「殻」から出ていくしかないということです。

極端な話をすれば、
今までの自分なら、やめていた選択を取るということです。

例えば、
「何か副業とかしたいのに、会社が忙しくて、、、」
って方なら、仕事をズル休みしてセミナーに行ってみるとか。

土日で、平日疲れているから家でまったり、テレビやYoutube見てるだけの人なら、
いつものようにのんびりするのではなく、交流会に行ってみるとか。

ひとまず、何したらいいのかわからない!って人なら
話したことがない人や目標となる人に会いに行って、話を聞いてみるとか。

少し冒険してみるってことです。
それも、ほんの少しでいいんです。

「価値観を変えなければ、人生は変わらない」と言われますが、その通りだと思います。

テレビ見てても、Youtube見てても、人生はちっともよくならないです。

僕は人を変えてくれる可能性が一番高いのは、人との出会いだと思っています。

だからこそ、
自分に良い影響を持っている人たちが大勢いる環境に行き、
目標となる人たちと出会う。

そして、直接話す。

そうすることで、
あなたの変わろうとしている心の一歩が踏み出せると思います。

今までにない感情が芽生えると思います。

僕はそうやって変わってきました。

 

以下、
熱気あふれる、ある日のコミュニティの活動写真(一部)です。

 

🔽勉強会の風景です。

IMG_4406 (1) IMG_4402 IMG_4397 IMG_4396

 

🔽懇親会の風景です。

IMG_4405 IMG_4404 IMG_4403

 

🔽全体の集合写真です。

IMG_4407

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP