学びの考え方

【人を教えることって】

 

僕は今まで2000人以上の指導実績があります。

「月に100万円稼ぎたい人」
「起業したい人」

上は、60代下は20代前半かなり幅広く多いです。

 

僕はそんな人たちに思ってきたこと。
自分なりの教育に対する考え方をシェアしたいと思います。

 

やっぱり、僕の信念というか、
人を教える、成長させるってすごく難しいですよね。

 

難しいから、
あなたには教えることをやらない方が良いと思わないで欲しくて、
やりがいがあると思ってほしいです。

 

正直、
教員をやろうと免許を取ったきっかけも
高校の時に、赤点だった僕の友人をメロンパン1個を報酬に、
中間テスト0点→期末テスト79点
同じく9点→73点
教えて成果が出た時に、めっちゃ感謝されましたし、
人を教えるのってなんて楽しいんだろって思ったんです。

 

だから、
人に教える仕事をしたいなと思うようになりました。
その経験が僕の原点です。

 

教わる人って正直超✖︎100大事です!
本質を分かってない人に教えてもらっても、すぐ稼げなくなったり、依存するだけの存在になってしまいます。

 

僕は、教える時に1つのテーマを持っています。
このテーマを持っていることで、
「赤池さんは結構冷たい、、、」と思われることが多いのですが、、、、

 

それは、
「脳みそからの改革です」

 

よくある話ですが、
自分の子供と旅行中に、漂流し、無人島に着きました。

お腹が減ったら、多くの人は、
自分で魚を釣り、子供に与えると思うのですが、
僕はそうはしません。

子供にもどうしたら、自分が死なないか考えさせ、
釣り方を教え、生き方を教えます。

火の起こし方、家の建て方様々教えます。

 

それと同じで、
教えた人が独立しても1人で食っていけるように、
考え方から変えていく。
自分で考える力をつけるということですね。

 

それが大事だと思っています。

そのために、
自分で稼げるように、どうしたら良いのか。何をしたら良いのかを考える人になってほしいと思って教えています。

 

だから、
僕は、何でもかんでも稼ぎたい人に学びに来てほしくないです。
お金を払うといわれても、そんな人に教えたいと思いません。
理由は、その人のためにならないからです。

この意見に賛同してくれる人のみで良いです。

 

考えてほしいんです。
失敗したら、なんで失敗したかを
うまくいったら、どうしてうまくいったかのかを。

 

そうすればコントロールできるようになるじゃないですか。

自分の稼ぎたい時には稼げる。
休みたい時には、休む。

コントロールできてたら、お金のことで不安になることは減ります。

 

やっぱり、頑張る時期ってあると思いますし、
苦労してでも、泥臭くても、
自分の力で稼いでいく方法を学びたい、やる気のある人には全てを教えたいと思いますし、
教えた人は僕より、ビックになってほしいです。

 

僕の中の人を教育するってこうゆうことだと思っています。

だから、
人を間違えたら、えらいことになりますよ。

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP