与える者は成功するのか?

「ギバーとテイカーの話」

ギバー: 自分が得る利益よりも多くを与えようとするもの
テイカー: 自分が与えた量よりも多く利益を得ようとする者
マッチャー: 自分の利益と相手の利益を同じにしようとする者

最近読んだ本の中で、ギバー(与える人)とテイカー(受け取る人)の印象に残る話がありました。

それは、
アメリカのペンシルベニア大学の有名心理学者が成功という尺度を測った時に、

もっとも失敗しやすい性質の人が、

なんと、、、ギバーでした。

意外ですよね?

「……なんだよ! 
じゃあオレは人に与えるのやめるよ!」

って思う人がいると思いますが、
この話にはまだ続きがありまして、、、

実は、逆にもっとも仕事で成功しやすい人も

なんと、、、、、、

ギバーだったんです!!!

そして、
テイカーとマッチャーは、つねにギバーの間にランクされているとか。

<成功>

ギバー
マッチャー
テイカー
ギバー

<失敗>

という、
マッチャーとテイカーはギバーのサンドイッチ状態ということを覚えておいてもらえたらと思います。

ここで伝えたいことは、
成功と失敗は紙一重と言うことです。

ギバーが大成功する理由は簡単で、

短期的にはテイカーが利益を稼げるものの、テイカーが勝つと必ず負ける者が出てしまうのに対し、

ギバーが利益を得ると周囲の人間にも良い影響が広がっていくからです。

周囲の人たちと長期的な良い関係が築けることで、最終的にはギバーが勝利を収めるわけです。

だからこそ、

自分がうまくいった経験、失敗した体験、
決断した理由、今まで人生で学んだことを人にどんどんシェアしていく人が成功するんだと思いました。

与えることがないとか、
自分なんかが与えることができないとか
人はすぐに、できない理由を考えますが、

それは、マッチャー、テイカーです。

自分の欲しい情報だけ、もらう。
人には与えず、もらったらさようなら。

どこかの車屋にいるディーラーの営業マンのようですね。

先日、
僕が主催するビジネスと投資を教えるコミュニティの月一勉強会がありました。

塾生の方は全国で1400人になります。

今回の勉強会では、50~100人くらいの方が来ていましたが、
こんな僕にも積極的に話しかけてきてくれて、与えようとしてくる塾生の方がいるんですよね。

やっぱり、
僕の知らないことを知っている人や、
様々なことを経験されている人の話は得るものが大きいです。

ランチを食べながら、塾生の方に
僕が経験したこと、僕の周りの人の体験談を話しているだけで、
子供のように、目を光らせて聞いてくれて

そこに笑いが起こったり、真剣な話になったり、、、

ほんとに、
人に与える人や仕事って素晴らしいと思いました。

そのためにも、今年25歳。
もっと色々なことにチャレンジしたいです。

ギバーになるためには、まず自分がチャレンジです。

人がやったことがない、したことがない、聞いたことがないからこそ、価値があります。

20代で経験できないことをチャレンジして、失敗、成功を繰り返して、
それを関わってくださった方に伝えたいなと思いました。

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP