アメリカに行って気づいたこと

アメリカに行って気づいたこと

自分で考える力の大事さの重要性

 

赤池です。

 

先週アメリカLAに行っておりました。

LAは人生2度目、一週間ほど滞在しました。

 

久しぶりの海外ってこともあって、
気づかされたことがあります。

 

それは、自分の頭を使って考えることの大切さについてです。

 

海外は日本語が通じないじゃないですか、

例えば、
空港の検査員やご飯を食べる時、買い物をする場面、ホテルのチェックインの時

 

「どうしたら伝わるのか?」
「なんて話したら良いのか?」

 

必死に考えないですか?

 

日本語では、
「これください!」とか
「サイズ違うものってありますか?」
「荷物預かってもらえますか?」

とかすぐに言えると思いますが、
言葉が通じないだけで物凄く不自由です。

 

そうゆうことができるだけ起こらないように、
僕は超必死に考えるタイプで、
もともと英語ができる方ではないので、
Googleで検索して、それを話したり、必死こいて自分でどうしたら伝わるのかを考えて解決しようとしています。

 

それがなんか楽しい感覚で、
ビジネスと同じだ。と思ったわけです。

 

ビジネスとか、副業でお金を稼ぐときも
「どうしたら稼げるのか?」
「先月より売上を上げるためには何をするべきか」

と考えていくのですが、
それと似ていて、自分で考える楽しさってものがありました。

 

もちろん、
その考えが甘かったり、
間違った考えをしていたら、結果が出なかったり、失敗しますが、

「言われたことだけやる」
「自分の考えたことができない」

のであれば、その楽しさはないですし、
やりがい、充実度はあると思います。

 

でも、
これまで2000人以上の方を指導してきて、
自分でやるべきことを考えれる人って正直少なかったです。

 

言われたことだけしかできない。
のであれば、その人一人で稼ぎ続けることはできないと思います。

 

最初はもちろん、教えてもらうことは大事ですが、
そこから自分でもっと改善して考えることが必要だと思います。

 

「どうしたらもっと効率的に稼げるのか」
「うまく資金を運用できるのか」

これは経営者の永遠のテーマです。

 

完璧はありませんが、
完璧にできるだけ近づけるように一歩一歩改善していく。

 

うまくいかなかった時の最悪な状態も意識して、
前もって、うまくいくように考え、仕事を組み立て、準備しておく。

 

そうすれば、思ってたよりも困らなかったりします。

「自分で考える力」を意識して行動してみてください。

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP