DCIM100GOPROGOPR0107.JPG

カリフォルニアのディズニーで感じたこと

「楽しそうだなぁ」

カリフォルニアのディズニーで感じました。

 

2月にロサンゼルスのディズニーランドに行っている時、
スタッフさんの顔つきを見ていて思いました。

 

僕が日本の工事現場でよくみる働いている高齢の方の顔つきってどこか負を帯びていて、何か気の毒そうです。

 

ただ、
アメリカのディズニーで働いている年配の方は、どこか幸せそうな顔つきをしていたんですよ。

 

やりたくてやっている。
好んでやっている。

すごくポジティブな印象を感じました。

 

僕は実家が飲食店を経営しているので、
中学生の頃から皿洗い、高校からホールを担当したり、料理を作ったり
6年間以上手伝いをしてきました。

 

だから、
人を観察することが、ある種の職業病みたいなっていて、まだまだ抜けません。笑

 

料理屋に入ったら、
店員さんを見てしまうし、
綺麗な厨房かどうかを見てしまうし、、、

そーゆう癖があります。

 

カリフォルニアのディズニーで働いている特に年配の方を見ていて、
お金に働かされているのではなく、やりがいを感じていると思いました。

 

日本で年配の方が道路工事で車の誘導などをしている顔を見て、
どこかイヤイヤやっているというか、ただやっているだけみたいな
そんな空気が漂ってますよね。

 

笑顔で、交通整理やっている人とか見た事ないですもん笑

 

 

そこであなたに聞きたいのですが、

 

「会社員の方は今本気を出していますか??」
「やる気満々で仕事をしていますか?」

 

周りと合わせてそこそこ頑張るって感じではありませんか?

 

 

それはなんでかって言ったら、
他人事だから、頑張っても給料が同じだからではないでしょうか。

 

 

給料以外にやりがいを感じたり、
楽しい人と一緒に仕事をしたりすると、

 

よりよくしようとか、
改善する、目標を立てるとか

当たり前のことを人に言われなくてもできるようになると思うんですよね。

 

僕は大学を卒業してから、
自分で会社を立てて、今まで事業をしてきているので、毎月こう考えています。

 

どうしたら、もっと成長できるんだろ。
もっと、もっと。何かできないかと。

 

やっぱり、他人事ではないんですよね。
自分の会社ですしね。

 

それは、
周りには、尊敬できる経営者の方、
パートナー、一緒に仕事をしている仲間、自分についてきてくれる人

 

そうゆう環境にいたら、
もっと頑張ろう。って素直に思えますよ。

 

 

ほんとやる気の塊なんですよ。

 

 

中学校の時の運動会みたいに。
共通の目標がある時って、普段仲が良くないクラスメイトとも良く話すようになったり、
体育祭で1位とるために真剣に練習したりしますよね。

そんな感じです。

 

一人一人がどうしたら先月よりより良くなれるのか、考えた時のエネルギーってすごいですし、
成長速度も速いです。

 

そういった環境で仲間と仕事をするやりがいって言葉に表せないくらいあります。

 

やりがいがあるから、頑張れる。続けられる。

お金に働かされるのではなく、
やりがいのある仕事をする。

ものすごく大事なことだと思いました。

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP