20代は遊ぶべき?投資すべき?貯金すべき?

 

 

どうも、赤池です。

 

今回は、20代は遊ぶべきか、投資すべきか、貯金すべきか、というテーマについて話していきます。

 

結論から言うと、「思いっきり遊んで、自己投資すべき!」が私の答えです。これは、極端な話です。

順に説明します。

 

まず、思いっきり遊びましょう。

コレには、意味があります。20代の散財や痛手は、30代以降で全然、挽回可能です。

 

しかも、20代には特権がいっぱいあります。

20代の特に前半は、結婚していない、独り身、学生の身分、豊富な自由時間、などの人生の中で特有の期間があります。

 

そして、20代だから許される、ような経験も結構あります。

たとえば夜の商売をしてみたり、クラブで馬鹿騒ぎしたり、一人海外旅行をし夜通し外国人と飲み明かしたり。

 

これは、偏見や先入観かもしれません。

体力や意志によっては、30代以降でも出来るからです。

 

でも、20代で、これらを経験しておくと、同じ経験をした人と早いうちに打ち解けられるかもしれないし、人生の失敗経験も多く詰めます。

 

たいてい、世の中の大きな悩みは、「金」「女」「世間体・地位」とかだったりします。

 

経験は、大いに越したことは無いです。

人が簡単に出来ない経験こそ、価値があるし、同じ経験を持つ人と共感が強く生まれます。

 

危険ももちろん多いです。でも、私はそれも、必要経費だ、位に思ってます。

ぜひ、まだ20代のひとは、「今までしたことない経験」をしてみましょう。

 

それは、散財や浪費も有るかも知れません。

もしかすると、それがきっかけで天職が見つかるかもしれないし、生涯のビジネスパートナーが見つかるかもしれないし、

将来の顧客と出会うかもしれません。

 

本当に、わからないもんです。自己投資だけじゃ、ダメです。

 

表題にも上がっていますが、論外なのは「貯金」です。貯金は、20代ほど、可能性を極端に狭める習慣です。

 貯金するくらいなら、散財して、多くの経験に費やします。

 

自己投資の重要性については、べつの記事で書いているんで、ここでは割愛します。 

とにかく、いま20代のひとは、「人生最大の失敗経験をする」ことを目的にするくらい、行動してみましょう。

 

また、「脳から煙が出るくらい、何かに没頭してみる」経験もしてみると、良いです。

なぜなら、30代以降になるにつれ、エネルギーは下降の一途をたどるからです。

 

もちろん、体力が付いていくケースはありますが、一般的に体力は衰えていきます。

どんな失敗経験ができそうですか?

 

私の知人は、20歳で1500万円の借金を背負い、ホームレス生活も強いられたひともいます

これって、生涯で考えると「財産」になるのが、わかりますか?

こんな経験、20代しかできないですよ。

 

面白い話、必ず成功する方法は「成功するまで諦めない」ことなので、

それをもしあなたが決断している時点で、

将来的に成功しているので、今お金がない下積み時代の今の期間は、その後一生来ない可能性があるといえます。

 

破産したら別ですが、一度成功したらそこから逃れたくないので尽力するはずだと

仮定すると再びホームレスや一文無しになるようなケースは少ないです。

 

よって、20代のうちの人生最大の失敗、人生最大の極貧生活は、「一生に一度の財産」なわけです。

これを、「心から、楽しむ」ことが、結構大事です。

 

この発想するひと、少ないんで、ぜひオススメですよ^^

 

 

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP