shutterstock_240807883

成功には「出会い」が必須。人がなぜ、人生を変えてくれるのか 

人がなぜ、人生を変えてくれるのか

 

どうも、赤池です。

 

今回は、「人が何故、人生を変えてくれるのか?」

について、説明していきます。

 

突然ですが、あなたは人で人生が変わった経験はありますか?

 

ほぼすべての人が、「YES」と答えると思います。

 

それは、なぜでしょうか?

 

運も、ビジネスチャンスも、全て「人」が運んでくれます。

 

それは、【ビジネスや運が、人と関わるものだから】です。

 

 

意味がわかりますか?

ビジネスは、「人がものを買う」「人がサービスを買う」ことで、回っています。

 

つまり、人の関わりを熟知した人、人の関わりを持つ人、の周りにお金やビジネスや情報が

回っているのです。

 

この原理を知った上で、あなたは人と会うべきです。人と関わっていくべきです。

 

よく、自力(独学)で事業を興そう、独立しよう、と躍起になる人がいますが、

非常にリスクが大きく、ほぼ間違いなく失敗し挫折を経験します。

 

何故でしょうか?

 

色んな原因がありますが、一番は【自力でも、実践なしだと、1年生だから】です。

 

ビジネス書、経営学、MBA、サービススキル、こういったことを知識レベルで5年間かけて十分に学んでも、

表舞台では【1年生】なのです。

 

そして、失敗から学ばず、あるいは変な学び方をして、2年、3年と歳月を経ても【1年生】のままなのです。

 

この社会は、「不平等」です。お金も、時間も、裕福な人に流れる様になっています。

 

実は、この「成長プロセス」も、不平等なのです。要は、【飛び級】が可能なのです。

 

これを行うきっかけになるのが、【人と会う】ことから始まるのです。

 

成功者には、「人」も「情報」も「お金」も集まります。なぜなら、それ相応のサービス・価値を提供しているからです。

 

この原理は、世界共通、過去の歴史から見ても万国共通です。

 

だから、まずあなたは、自力でやるのではなく「成功者から学ぶ」ことが最優先なんです。

 

よく

「それって、ワープみたいで卑怯だ」

「独学の方が学びが多い」

「人脈を使うなんて、よくない」

 

といって何も行動しない人がいますが、良くよく考えると矛盾に溢れています。

 

そもそも、人は「学ぶ」ことで、状況を認識します。日本語を話せるのも、三角形の面積がわかるのも、

運動ができるのも、全て「学び」から始まっています。

 

卑怯なのではなく、正規ルートとして元来教育形態として行われる手法として「学び」があるわけです。

 

おそらく、卑怯だ、良くない、と思う人は、「利害関係で判断するのが良くない」と思う傾向が強いと思います。

 

そもそも、私たちは、ものを買う時は対価「お金」を支払います。

 

これが悪いことだ、なんて言う人はいないでしょう。

 

また、成功者の殆どは、利害関係で物事を判断している、とは限りません。

 

相手に奉仕すること、末端ユーザーへのメリット【価値】を最優先すること、を重視して、

 

各専門分野のプロたちと、手を組んでいるわけです。

 

もし、人と組むことで、世の中に好影響が与えられ、人々が心から満足してくれるとしたら、それは立派な社会貢献ですし、

人脈から生じた良いことだとよくわかります。

 

ぜひ皆さんも、成功者や理想の人の多く集まる環境に飛び込み、価値感を広げ、多くのチャンスを掴んでください。

 

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP