shutterstock_366374012

影響力の武器。20代で必ず身に付けたい「影響力」について

 

どうも、赤池です。

 

突然ですが、「影響力の武器」という著書を知っていますか?

随分前に出版された有名なビジネス書です。

 

私はいま、25歳で、おかげさまでLINE@登録者も1400名を超え、

私の運営している投資コミュニティも1300名に達し、

 

これまで数千人の人たちと関わり、発信し続けてきました。

今後も、この勢いは、増やしていこうと思っています。

 

そこで、私が20代に向けて、特に伝えたい事が、この「影響力」というキーワードです。

 

もし、20代で人を圧倒でき、魅了できる状況下にあれば、何をやっても上手くいくと思います。

 

そもそも、影響力ってなんだと思いますか?

実体の無いものなので、わかりにくいですね。

 

影響力って、端的にいうと、

「人を巻き込む力」、

「人に影響を与える力」

のことです。

 

影響の度合いには2つ、「量」と「質」があります。

 

■あなたの発言を聞いてくれる人の「数」

 

■あなたに共感し、共鳴する「深さ」

 

これの「掛け算」が、影響力の大きさとなるわけです。

 

これを、もっと、わかりやすく、

言語化しますと、

 

「認知度」と「熱狂度」です。

 

イメージしてみてください。

 

あなたを中心にして、円を描きます。

 

この円の面積が、「認知度」です。

 

 

そして、その円の真下に、穴を掘り、水を入れてください。

すると、円柱型の水が完成します。

 

 

この水の深さが、「熱狂度」です。

 

そして、この円柱の水の体積が、「あなたの影響力」となります。

 

 

「認知」され、あなたに「熱狂」している人のことを、

日本語でなんと呼びますか?

 

そうです、「ファン」といいますね。

つまり、あなたの影響力の大きさは、「いかに多くの人に、ファンになってもらうか」が決め手になるわけです。

 

たとえば、ミスチルや、AKB48や、サザンオールスターズといった有名歌手の方々の

円柱の体積は、東京ドーム何個分もある、ということです。

 

あなたがもし、影響力を身に着けたいと思ったら、

「ファン」を多く持つこと。

 

そのためのキーワードは「認知度」と「熱狂度」です。

 

これがある人や、企業のことを、「◯◯がある」と言います。

何だと思いますか?

 

一定の強烈なファン層に支えられたものや人や企業。

 

それらは「ブランド」と呼ばれます。

あなた自身を「ブランディング」化していきましょう。

 

コレが20代でできれば、何も怖いものはなくなります。

 

今後、意識していってみてください。^^

 

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP