あなたのヤル気スイッチをONにし、「本気モード」に突入する方法

【あなたのヤル気スイッチをONにし、「本気モード」に突入する方法】

こんにちは、赤池です。

突然ですが、あなたには、ヤル気スイッチがありますか?

 

感覚的に知っている人もいれば、そのメカニズムを自覚していない人もいるかもしれません。

よく、東大・京大生みたいな天才集団が、「なぜ何時間も連続して勉強できるのか」と

疑問になったことはないですか?

 

これは、単純に、彼らが勉強に対して「努力」ではなく「没頭」のモードになっているからです。

結果を出し続けるために、この「モードに入る」のが、重要な鍵になります。

 

あなたには、本気モードに入るためどんな方法がありますか?

1つ、良い例として【適度な刺激環境に入る】という方法があります。

 

例えば、過去に塾に入ったことがある人ならわかると思いますが、

家ではだらけて自習できないのに、塾の自習室だと超集中できた経験、ないですか?

 

これも、刺激環境を利用した方法です。

つまり、「周りの人もやっているから、自分もやる」ということ。

 

これは、「やり方」うんぬんではなく、単にその「環境」がヤル気を引き出すケースです。

人は、「人と何かしら五感で関わっている状況」だとヤル気が出るケースが多いです。

 

なので、何も直接的やり取りがなくても、「人のいる環境に入る」のは最も良い例です。

一番の理想は、「同じ目標、同じ作業をしている環境」、そして「先生や自分より優れた人のいる環境」だと

 

よりヤル気にスイッチが入り、疑問もすぐ解消します。

これは、私が1200名のコミュニティーを運営して、結果を出す人を見ていて、心から気付いた点です。 

 

ぜひ、みなさんも、何かする時は「一緒に出来る環境に飛び込む」を

意識してみてください^^

 

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP