Image-17529693

初アメリカに来て思ったこと

IN ニューヨーク

初アメリカに来て思ったこと

普段思っていることですが、

新しい経験は若いうちにするべきだと心底思いました。

僕は、24歳で初めて、

日本を飛び出して、香港に行き、マカオに行き、

今回、アメリカに来ています。

アメリカの中でも、

ニューヨーク、ラスベガスに行きました。

これから、ロサンゼルスに行きます。

その土地でも文化が違い、

チップが普通だったり、

飲食店でも初めて食べる味、

アメリカのブランドは日本3割引で買えたり、

街並みも日本とは格段に違います。

で、

僕が思ったのは、

このような世界があるということを

知っている人もいれば未だ知らない人もいるということです。

極端な話かもしれないですが、

この両者の差は、

死ぬまでの人生の中で幸福度にかなり影響するなと思うからです。

だって、

何かを判断するときって

結局、今までの過去の経験が大きな判断材料になるからです。

例えば、

食わず嫌いも同じです。

僕は、5歳頃にウニを食べて、

そのウニが、臭くてまずかったので、

ウニはずっと嫌いな食べ物になっていました。

でも、

23歳なって、高級店とかに行ってウニを食べたら、

めっちゃうまくて、案外食べれました。

これって、

人生18年間損をしていると思うんですよ。

その間にウニを使った美味しい料理をどれだけ逃したか。

これウニの話だけでなく、

恋愛も勉強も、ビジネスも同じだと思います。

僕は起業した当時に、

過去は幻想に過ぎないって聞いたのですが、

本当にこのことだと思います。

昔できなかったこと、得意じゃなかったことで、

今できることは案外多いです。

僕は、

22歳からビジネスを始めて、現在3年目。

1年目の年商は5万円、

2年目の年商は1億円ほどいきました。

24歳で初めて、海外に行きました。

世界の広さを知りましたし、

ファッションだって、食べ物だって、

日本とは全然違って、刺激的で、

もっと仕事にプライベートに全力で行きたいって

最高のモチベーシションでいられています。

でも、

いつも思うんですよ。

もっと早くやっておけばよかったって。

後悔とか、遠回りしているのではなく、

本当に気づいているか、知っているか。の差だと思います。

僕より若くして

自分でお金を稼ぐことの大事さに気づけた人が

僕より先に行動しているわけで、

若いうちに、

ビジネスを始めた人、

世界中を見てきた人が本当に羨ましいです。

ただ、

羨ましいと思っているだけでも何も変わらないから、

やっぱり、

「こうなりたい!」ってなったら、行動あるのみ。

海外にいつでも好きな時に、

ファーストクラスていきたいですし、

会社の売り上げもどんどん急成長させたいです。

それを可能にするには、

やっぱり、行動するしかないんです。

気付いた時に、行動に移すこと。

これしか現状を変える手段はないです。

僕が起業しようとした、

22歳の頃、

なぜ自分でお金を稼ぐことが必要なのか考えました。

・年金が枯渇している

・会社員の給料が低い

・将来同じ生活をずっと続けていいのか

いろいろ考えた結果、

自分でビジネスを始めました!

やっぱり、

最初は悩みましたよ。

自分に自信もなかったですし、

自分にできるかどうかわからないし。

でも、

変わらなかったら、

そのまま。

今と変わらない生活を続けるだけ。

結局どちらしか選べなくて、

何も考えず、そのままでいていいのか。

その危機感。

それとも、

何かにチャレンジして、

現状を変えようとするのか。

その恐怖。

天秤にかけてどちらが重いかってことです。

もし、

変わらない危機感の方が強い場合、行動することでしか解決する道はありません。

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP