img_4154

貯金10万円からの大脱出

ライン@に登録をしていただいている方から、

赤池さんが貯金10万のピンチという状況で、
どうして師匠に教えてもらう事を決断したのか、
何が決め手になったのかが知りたいです。

こんな質問をいただきましたので、
今日は、それに答えていこうと思います!

僕がなぜ貯金10万円のピンチから、
師匠に教えてもらおうと決心できたのかというと、

一言で言えば、
「目標を達成したいという気持ち」が強かったからです。

この目標を達成したいという気待ちは3つありました。

1つ目は、現状を分析したからです。

当時、
僕は、お金にかなり困っていましたし、ずっと稼ぎたい!!と思い続けていましたが、
結果が出ていない状態でした。

こんな時に、
そのまま、お金がないという理由で挑戦することを諦めたとしても、
自分はなにも変わらないと思ったのが大きかったです。

自分の目標はお金を稼いで、お金と時間の自由を手に入れて、
好きものを買ったり、美味しいものを食べたり、
親孝行したり、いろいろやりたいことがあったんです。

だから、
稼げないことによって、
それらの目標が全てできないというのが許せなかったです。

それだけ、
叶えたいと思う本能的な気持ちや欲求が強かったということです。

2つ目は、期間を設けたからです。

僕の親は幸いにも、
やりたいことを応援してくれる親でしたが、
ただ、期限をつけずにずっと好き勝手するのはおかしなことだと言われました。

だから、
大学を卒業する3月に1年間ビジネスで頑張って成果が出なかったら、
ひとまず、就職する。と約束していました。

だから、
どうせ就職することになるくらいなら、
1年間、自分のいいなと思ったこと、できるだけのことをやろう。

成果が出ないなら諦めれるくらい頑張ろう!と思って

どんどんチャレンジしていこうと思ったのが決め手になったと振り返って思います。

3つ目は、すでに僕の友達が師匠に弟子入りをしていて、
初月から40万円の利益を出していたからです。

弟子入りする時は、

・その人自身が大きく稼いでいること

・かつ、周りの人間を稼がせていること

が大事なポイントになってくると思います。

それが師匠には両方あったから、自分にもいけそう!と思えました。

以上3点が、貯金10万円だった1年半前の僕が師匠に弟子入りした決め手です。

こういった経験をしてみて、
行動できない人は、まず、思いが弱いんだと思います。

いわゆる動機付けというもので、
「なぜ、やらなくてはならないのか?」

と自分に問いただした時に、ぼんやりしている人は
まず目標達成することはできません。

なぜなら、
そのくらいの考えでは、行動すらしないからです。

よくうまくいく人のパターンとして、
・家族がいる人
・子供がいる人
・親が病気の人
などがあげられますが、

この人たちは、
「なぜ、やらないといけないのか?」が明確です。

・家族を守るため、
・子供を育てていくため、
・親を支えていくため、

という動機付けがはっきりしてて、
そんなこと当然!やって当然!と思っているから、行動できます。

そして、結果を掴み取ります。

逆に言えば、
「まだ行動しなくていいかな、、、」
なんて思えている人は、そもそもやらなくてもいいわけで、
やったとしても、成果が出るとは思えません。

世の中には、やりたくても金銭面などで挑戦できない人がいます。

・勉強したくても、金銭的にできない人。
・大学に行きたくても、親がお金がなくていけない人。
・スポーツの大会に出たくても、費用が出せない人。

こうゆう人がいる中で、
やれるなら、やらないと失礼だと思うし、
できる時にやらないと、いつできなくなるかわかりません。

だから、
やるorやらないで迷える人は、
選択できる幸せを感じて、行動した方が良いと思います。

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP