maxresdefault (1)

やっぱりね、、、、

昔からずっと思っていました。
「結果が出る人、出ない人」
「出せている人、出せていない人」

「出し続けている人、止まっている人」

この違いってなんなんだろうかって

みなさんも気になりませんか??

これさえわかれば、

自分の思った通りの結果がどんどん出せるのにって思ってきました。

コントロールできます。

現時点でわかったこと。

大前提として、

わかってもなにも変わらないということ。

わかるとできるは違う。

結局ここなんですね^^

この言葉を聞いて、そんなこと知ってるわ!って思った人ほど危険ですね

ある行動への重要性、
なぜやらないといけないのか
なにをすべきなのか
どのようにやるべきなのか

今すぐやらないと

全部わかってるのに、全然できていない人がいます。

それが90%です。

これを大前提として以下をみてください。

僕は、曖昧な言葉に秘密があると思います。

よく言いますよね^^
スピードが大事、決断力、

量が大事、本気度、情熱、忍耐、謙虚さ。とかとか。

これらの言葉って全部曖昧な言葉だと思いませんか??

抽象度が高いんです。

だからこそ、秘密が隠されている!!

やっぱりここかと。

なにが大事かって、

どの程度??っていう物差しが個人の基準なんです。

仮に、読書が大事だとわかっても、
そもそも読書をする人、継続できる人で削られ、、

1日10分の人、1時間の人、1冊の人、、、

どんどん削られていって、、、

読書を習慣づけれる人って100人いて1人くらいかなと思います。

それと同じことが受験でも仕事でも起こっているんです。

結局、原理原則は変わらないなという感じです。

先日、名古屋である会員制のビジネス交流会に参加してきましたが、

そこでもやはり、話題になってました。

副業として、転売に取り掛かって初月で利益1万円だった人が、

2ヶ月目に28万円利益を出した話です。

(※転売を簡単に説明すると、
20,000円で売れる商品を10,000円とか15,000円とか、

とにかく利益の取れる価格で探して、買って売る。これだけです。)

利益1万円の時は、

仕事の休日に1日利益の出る家電を探しに、電化量販店に3店舗くらい回っていただけ。

そこで、
月に何十万も稼いでいる人にどの程度やっているのか聞いたところ、
1日朝の10時から夜まで県内外の家電量販店まで回っている。

1日で転売できる商品があるかどうがを5000品調べている

と聞いたそうです。

そこで基準が変わり、

2ヶ月目利益で28万円。

実際にあった話です。

それを聞いて思いました。

「量からしか質は生まれない」

これは僕が大好きな言葉です。

LINEのひとことにもしちゃってます笑

量しかないんです。

むちゃくちゃやるしかないんです。

結局結果が出ない理由は、そもそもやっていないかやり方が間違っている。

この2つしかなくて、

今回の場合は、
前者のそもそもやっていない。

圧倒的に量が足りていないケースです。

正直ここが原因で90%の人がダメになっていると思います。

そんな簡単に稼げたら、誰もサラリーマンやってないですから。

甘くないです。

だから、

最初は量。

曖昧な言葉の基準を自分で決めず、

圧倒的にやるしかない。

言われたことを愚直にやる。

量を圧倒的にこなす。

これだけというか、

最初はこれしかやることなくないですか??

という感じです。

新しいことに挑戦する時はこのスタンスが最強かと!!

profile

赤池鎮

1992年生まれ、愛知県出身。

偏差値40の高校から愛知県トップの私立大学に入学したが、周りが就職活動をしている時に「レールに敷かれた人生」に疑問を持つ。教員免許取得。

大学4年時からネットビジネスの営業を始めたが、SNSで3日で1000通のメッセージを送り年間500人に会うも、1年間で成約0件5万円しか稼ぐことができなかった。

この経験から、しっかりと実績を作ることが大事だと気付き、転売を初めて20日で6.3万円の実績をつくり、その後、4ヶ月で1000万円を売り上げる。徹底的に指導して、この期間中で脱サラ達成者を4人排出。

この経験を電子書籍として出版した『1日1時間で手堅く月10万円稼ぐための転売教科書』は処女作にして、アマゾン売れ筋ランキング1位、iBooksビジネスランキング6位を記録した。

現在ではネットビジネス界に止まらず、起業家育成のためのビジネスのスクール・コミュニティー運営、コンサルタント、企業コンサルティング、全国で講演活動を行う。

決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが教員としての確かな指導力と絶対に諦めない情熱を兼ね備えた「エンタープレナー」として、日々、ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。
PAGE TOP